RAVART 魅惑のユニットライブ in 福岡

RAVART 魅惑のユニットライブ

福岡の皆様、こんにちは。
今年7月に結成したばかりのユニットです。

ネットが普及して便利な世の中になった。そこへ行かなくても味を知ることができる。服だって買うことができる。
うん。そうだね!
と、納得された方と僕は正反対で。
やはり実際にそこへ行かないとわからないことって山ほどあるわけで。口にするまで自分に合うか否かはわからない。服だって試着しないととんでもない失敗をする場合も。だから、自分の足でそこまで行って確かめる。そこから全てが始まる。

むかし。今ほど娯楽がなかった時代。人々は休みの日にお洒落して映画だったりお芝居観に行ったり。それがいつしか、娯楽も家にいて片付く時代になった。

どうぞ。たまにはお洒落して僕らのライブを観にきてください。

僕らのライブは叩くと描くというだけの、このデジタル溢れる時にアナログかつ原始人でもできるようなことを演る。

ラヴドラム奏者柴田樹が異国感漂う音色を奏でる。その傍らで坂本成一がキャンバスに向かって筆を走らせる。

ただそれだけのことなのですが、新しく感じたりするんです。きっと。

あなたの知らない世界を捧ぐ。

皆様のご来場心よりお待ちしております。
RAVART 柴田樹 坂本成一

【日時】2018年11月18日(日) 開場16:30 開演17:30
【場所】ArtSpace bloom
【料金】前売¥2,500 当日¥3,000
ご予約、お問い合わせはこちらまで。090-5022-5175(坂本)
会場のArtSpace bloomでも予約受付ます。

RAVART
柴田 樹 熊本県出身のドラマー&パーカッショニスト、RAV DRUM奏者。
MI JAPAN 福岡校 PIT科卒業。中学校卒業と同時に、深く音楽を学びにMI JAPAN 福岡校へ入学。
同校では山部三喜男、パンテーン中嶋、Changの各氏に師事。6年間、自己のグループやサポート等で活動し熊本へ拠点を移す。
6000人規模の野外イベント「Music for ASO 2016 supported by ap bank」出演。
熊本県立劇場コンサートホール「ふるさとの宝を!コンサート」出演。これまでに、東田トモヒロ、原田真二、はらかなこ、ジュスカ・グランペール、Zooco、落合みつを、鈴木孝彦、龍野マリエ、俵英三など多数アーティストと共演。
現在は県内外でRAV DRUMを用いたソロ活動やユニット、様々なアーティストのサポート、レコーディングをはじめディスコパーカッション、フラメンコや舞台、クラシック音楽、アイルランド音楽との共演も積極的に行っている。

 

 

坂本 成一 1973年、熊本に生まれる。熊本在住。
幼い頃から絵を描くことが好きだった。
1999年、九州産業大学大学院 芸術研究 美術専攻修了。ふとしたことがきっかけで2010年に初個展『言の葉』をおこなう。以降、毎年のように個展やグループ展をおこなっている。劇団のフライヤー用の挿絵やCDジャケットなども手掛ける。
2011年『一刀入魂』木版画展、2012年『sketch』水彩画展、2013〜2015年『パンゲア展』、『熊本まちなか美術館』、2015年『CURIOSITY』、2016年『僕らの動物園へようこそ』、2017年『トリテン 鳥の展覧会』など。